最近のニュースや話題の出来事を中心に今思うこと


by info-crystal

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<岩手・宮城内陸地震>揺れの加速度、観測史上3番目

 気象庁によると、14日に発生した岩手・宮城内陸地震では、瞬間的な揺れの強さを表す加速度が、震度6強を記録した岩手県奥州市衣川区で1817ガルに達した。これは04年10月の新潟県中越地震(同県川口町、2515ガル)、03年7月の宮城県沖の地震(同県旧鳴瀬町、2037ガル)に次ぎ、現在の観測体制になってから3番目の大きさという。
<岩手・宮城内陸地震>揺れの加速度、観測史上3番目 | エキサイトニュース


地震による建物などへの影響を考えるとき、震度の強さだけではなく、この「揺れの加速度」というのも重要な要素のようです。

瞬間的にどれくらいの力が加わったか。

測定法が違うので単純な比較はできないのですが、阪神・淡路大震災で観測された加速度818ガルは、時速29.5キロの自動車が1秒で急停止する時の加速度と同じ、とのこと。

そうすると今回の地震の強さは・・・

最初に報道された印象以上に大きい地震のようです。


ともかく被災された方々への救援が一刻も早く進むことと、2次災害が広がらないことを祈りたいですね。
[PR]
by info-crystal | 2008-06-14 21:47