最近のニュースや話題の出来事を中心に今思うこと


by info-crystal

カテゴリ:未分類( 31 )

どんなにデザインが良くても、どんなに機能が充実していても、
携帯電話は通信機器ですから、
送受信の性能が、一番大事ですよね。


世界的な人気商品となっているアップル社のスマートフォン
「iPhone4」が、アメリカで訴訟を起こされていることが
明らかになりました。

日本でも発売と同時に長蛇の列ができ、大変な話題となった
iPhone4ですが、受信トラブルをめぐり、すでにアメリカでは
販売中止などを求める複数の訴訟が起こされています。

問題となっているのはiPhone4の電波受信の感度が変化する
という問題です。iPhone4の本体側面に使用されている
ステンレス製の部品は、iPhone4を持つと手で包み込まれて
しまい、大幅に電波の感度が悪くなってしまうとの事です。

アップル社は「この欠陥を事前に知っていながら、顧客に対して
販売前に告知することを怠った」というのが、訴訟を起こした
原告側の言い分です。

現在のところ、この訴訟は、iPhone4の売り上げ自体には大きな
影響を与えていませんが、アメリカでは少なくとも、3件の
訴訟が、この問題を理由に起こされていると言います。

iPhone4だけでなく、普通の携帯電話であっても、持ち方や
現在地によって電波受信の感度が変化することはよくありますが
iPhone4の場合は少し極端な変化がみられるようです。
さらに、この現象を事前に把握しながら、隠ぺいしたまま販売
に踏み切ったアップル社にも、少なからず後ろめたさが
あるような対応ですね。

日本ではまだ、この不具合は大きな問題になっていませんが、
ソフトバンクもヤフーも、iPhone4の電波受信の感度が変化する
問題には一切触れていません。ヤフーのポータルサイトなどは、
この問題に関する記事を一切載せていないことからも、
後ろめたさを感じているのは間違いないでしょう。

今後、日本でiPhone4の電波受信問題がどのように扱われて
行くのか、結果を見極めてから購入に踏み切った方が
賢明かもしれません。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100702-00000014-minkei-l27
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/02/news020.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4861593/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/410902/
[PR]
by info-crystal | 2010-07-04 06:08
発売されてすぐにいち早くiPhone4を買ったのはいいけれど、
まだゲームしかしていないよ、という友人がいます。もったいない!
私にも触らせてくれよ(笑)


なんと発売から1週間もたたないうちに、早くもiPhone4がハッキング
されてしまったと言うニュースが。

世界中のハッカーたちが、発売と同時にiPhone4を購入、さっそく
解析をおこない、早くもロック解除に成功しています。すでに
複数のハッカーがロック解除を宣言し、クラックしたiPhone4の
画像をネット上で公開しています。さらに、有名なハッカーチーム
「iPhone Dev-Team」に至っては、iPhone4の発売前から
ハッキングに成功していたと言われています。

新しい端末やOSが発売されると同時に、ハッカーたちが
Jailbreak(ロック解除)に挑戦し、早々とハッキングに成功
するという現象は、いまや恒例行事となりつつありますが、
アップルもさっそく、ハッキング対策に乗り出す様子を
見せています。

今回のJailbreakに対応する新しい「iOS 4.01」を、すぐに
リリースするという噂がささやかれています。
さらに、iPhone4の側面を握ると電波の受信感度が悪化する問題に
ついての対応も、含まれているといいますが、日本語での正式な
発表はまだどこからもされていないようで、今後のアップル社の
対応が注目されています。

アップル社のCEOであるスティーブ・ジョブス氏のツイッター
上の発言で、「新型iPhoneをリコールしなければならないかも
しれない」とツイートしたという報道がイギリスの新聞で
スクープされていますが、このつぶやきは有名な偽物アカウント
からのものだそうで、問題の記事は既に削除されているそうです。

発売同時に電波受信の不具合に加え、ハッカーたちにロック解除
を早々と達成されてしまったiPhone4ですが、消費者ががっかり
するような不具合に対しては、きっちりとリコールを受け入れて
もらいたいものです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100623-00000021-zdn_ep-secu
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/28/news057.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4853559/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/409261/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-29 21:04
iPadに続き、Apple絶好調、ですね(笑)
iPhone4はソフトバンク始まって以来の売れ行き、だとか。


iPhone4がいよいよ発売となりました。iPhone3Gの発売から
2年近くたってからのモデルチェンジ、といった感じで受け止め
ていたユーザーも多いようですが、今回発売となったiPhone4は
大幅に性能がアップした画期的なスマートフォンとして販売
されているようです。

今月15日に予約受付を開始した後、たったの4日間で打ち切り
になったiPhone4は、発売と同時に入手しようと多くの人が
ソフトバンクに行列をなしています。東京渋谷区の
ソフトバンク表参道には、午前8時からの発売開始前に、
300人の行列が出来たと発表されました。

この日、発売開始と同時に孫正義社長もソフトバンク表参道に
駆けつけており、「美しい仕上がりになっており、とにかく
手にとってみてほしい」とiPhone4絶賛しています。

従来型のiPhone3Gタイプを既に手にしているユーザーのなか
には買い替えを検討するケースも多いようですが、無料で
ソフトウェアのアップデートを行ってくれるらしく、
3Gタイプのユーザーも新しい機能を体験できることに
なりそうです。

ハイビジョン動画の撮影機能や、iPhone上での編集機能、
テレビ電話機能など、数多くの新機能が搭載されている
iPhone4ですが、一番注目されているのは、マルチタスキング
機能ではないでしょうか。iPhone3GSの場合、ごくわずかの
アプリがバックグラウンドで動作するものがありましたが、
iPhone4のマルチタスキング機能は、複数のアプリを同時多重
起動しても、ほとんど重さを感じさせないほど高性能な
機能になっているということです。

新たに100以上もの新機能が追加されたiPhone4は、
しばらくの間はスマートフォン市場を独占してしまうのかも
しれません。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100624-00000006-trendy-ind
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/24/news032.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4845932/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/407486/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-24 18:10
最近、宇宙に関する話題が続いていますね。
宇宙空間を帆で航海。ちょっとどういう仕掛けなのか素人には分かり
づらいですが、何だかとてもロマンのある話のような気がしますね。



5月21日、金星の探査衛星「あかつき」と一緒に打ち上げられた
宇宙ヨット「イカロス」が、無事に予定通りのミッションを
こなして本格的な飛行態勢に入りました。

宇宙空間で、推進のために動力を使用せず、太陽の光を帆に
受けた力を利用して進む「イカロス」ですが、宇宙空間での
最初の難関、帆を全開に広げる作業が成功するかどうかが注目
されていました。

小さなボディに対して14メートル四方もある帆を無理なく
広げるために、プロジェクトチームは苦心したそうですが、
この日、無事に帆を全開にして、金星に向けての本格的な
飛行態勢に入りました。

現在、不具合も無く、帆の破れも確認されていないそうです。
開発チームの森治チーム長は「「100点以上の出来」と
ここまでの成功を喜んでいる様子です。

JAXAでは、IKAROS専門チャンネルを用意し、
「イカロス」の本体から分離されたカメラで撮影した
「イカロス」の飛行中の全体像を掲載していますが、
巨大な帆を広げて真っ暗な宇宙を飛行する「イカロス」が
鮮明に写っています。

イカロスはすでに地球から1000万キロ離れた地点を
飛行中ですが、これからは太陽光の圧力のみを推進力として
金星航行します。到着までに6カ月かかる予定ですが、
その間に、太陽電池の発電力や加速能力、軌道修正の技術
など、最新のテクノロジーを検証しながら旅を続けるそうです。

「かぐや」「はやぶさ」につづき、今度の「イカロス」も、
大きな注目を集めそうですね。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100616/20100616-00000056-nnn-soci.html
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/16/news070.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4831203/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/402240/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-17 21:40
3D映画が話題ですし3Dテレビも各メーカーが力を入れているよ
うです。でも3Dの映像機器が普及するのには、専用眼鏡が必要、
と言うのがネックになると思っていました。専用メガネなしの裸眼で
3D映像が楽しめるようになるのはいつ?と思っていたのですが・・・


前々から噂になっていたニンテンドーDSの後継機種が、ついに
公開されました。

今回発表されたのは、専用メガネなしで3D映像が楽しめる
ニンテンドー3DS。収益が落ち始めている任天堂の業績を
一気に上向かせるための起爆剤として、満を持しての
発表となりました。

今までの3D映像は、専用のメガネをかけて楽しむのが一般的
でしたが、今回発表されたニンテンドー3DSは、裸眼で立体視
を楽しむことができるということで、開発の段階から大きな注目
を集めていました。

今月15日に、アメリカのロサンゼルスで開幕した世界最大規模
のゲーム見本市「E3」で、任天堂の社長・岩田聡氏が直々に
発表した3DSのスペックは、ゲームファンならずとも非常に
興味深いものがあるようです。

世界で1億2800万台以上を売り上げてきた大ヒット商品
「ニンテンドーDS」と同じく、折りたたみ方式の2画面構成
となる3DSは、上部の3.5型画面のみが3D映像対応画面
となっています。さらに、調節機能がついており、3D効果を
無効から最大まで調節できるのだとか。おまけに3D映画も
楽しめるようです。

本体にはレンズが2つついていて、このレンズで立体写真も
取れるそうで、さまざまな3Dが楽しめることができそうです。
ゲーム以外の付加価値が盛りだくさんですね。

気になる発売時期と価格ですが、今回の発表では発売情報は
公表されませんでした。価格も時期も未だ未定という
ことですが、発売に向けての準備は万全を期して行われている
ようです。3DSの発売と同時に、3D対応のゲームソフトが
発売されるとのこと。さらに、セガやカプコンなど、大手の
ゲームソフト会社が3DS対応のゲームを投入するとのことで
ハード発売と同時に大きな話題を呼ぶことは間違い
なさそうです。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000023-mai-bus_all
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/16/news016.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4829989/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/404051/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-17 05:23

ツイッターのクジラ?

最近知り合いでもよくツイッターでつぶやいる、と言う人が増えています。

今月初旬から調子がおかしく、エラーが多発したTwitterですが、
この不具合について、Twitterの運営が内部ネットワークの
管理ミスだったことを明らかにしました。

今月5日ごろからエラーが多発、さらにパフォーマンスの低下など
が頻繁に発生していました。この原因について、Twitterでは、
「高帯域幅の重要なコンポーネントを内部ネットワークの同じ
セグメントに置いていた」「内部ネットワークの監視が
適切でなかった」「内部ネットワークの構成を一時的に
誤っていた」という3つのミスを挙げています。

この問題を改善するために、内部ネットワークのキャパシティを
増加させるとともに、監視を強化し、トラフィックのりバランス
も実施すると表明しました。

驚異的な利用者増加にともない、Twitterはトラフィックの
増大に対処してきましたが、さらなるキャパシティアップと
トラフィック増大が求められているようです。Twitterは今後、
ホスティング企業と協力して改善に取り組むことを
明言していますが、ワールドカップやオリンピックなど、
国際的なイベントが開催されている期間は、突発的な
トラフィック増加が原因で同様の不具合が発生することもあると
指摘しています。

それにしても、なぜTwitterでエラーが出ると「クジラ」の
絵が出るんでしょうか? 一説によると、エラーを意味する
Fail(フェイル)と、クジラのWhale(ホェール)の発音が
似ているからだと言われていますが、いずれにせよ、
ツイッターで盛り上がっている最中に、不具合が発生する
のだけはかんべんしてほしいところです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000052-zdn_n-inet
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news055.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4826427/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/403416/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-15 21:49
今回話題になるまで「はやぶさ」の事はほとんど知らなかったの
ですが、それでもテレビで帰還時の映像を見ると思わず感激して
しまいました。感動的でしたよね。


地球を離れて3億キロのかなたにある小惑星へ向かい、
60億キロを飛び続け、7年かけてようやく「はやぶさ」が
帰還しました。

途中、燃料漏れが原因で制御不能に陥った「はやぶさ」ですが、
奇跡的に復旧し、3年遅れで地球に帰還しました。
予定より3年も運用した電池やエンジンは劣化が激しく、最後の
最後まで日本中がハラハラしましたが、インド上空の
7万4000キロメートル上空で採取したカプぜルを分離し、
その後オーストラリア上空で大気圏に突入した模様です。
人類史上初となる、月より遠い宇宙へ旅立って帰還した
宇宙探査機「はやぶさ」は海外でも注目されているようです。

あの中国でさえ、「はやぶさ」の帰還をを不死鳥と讃えて
報道しているのですから、いかにインパクトがあったかが
わかります。

3年以上のオーバーワークを、それもメンテナンスのできない
宇宙で耐え抜いた日本の技術力に注目が集まるのは当然ですが、
それよりも、逆境に耐え抜いて目標を達成し、凱旋を果たした
部分に感情移入して、大きな関心を寄せている人も多いようです。
たしかに、「はやぶさ」が果たした奇跡の生還は、
日本人ならだれでもグッときてしまうような展開でしたね。
そういえば、月面探査機の「かぐや」も、運用を終えた最後に
月面へと墜落したときに多くの人の涙を誘いました。

インド上空で切り離した小惑星のサンプルは、オーストラリア
に落下し、無事JAXAに回収されたそうです。「はやぶさ」が
地球に持ち帰ったサンプルの分析結果が待ち遠しいですね。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000031-scn-kr
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news031.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4825517/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/403310/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-14 20:54
6月9日から11日まで開催されていたネットワーク技術の総合展示会
Interop Tokyo 2010の日本Androidの会のブースで電子ペーパーと
液晶ディスプレイを備えたユニークなAndroid端末「Alex」や、AR
アプリ「ウキウキ VIEW」、さらに誰でも簡単にフォトアルバムや
時計ウィジェットのAndroidアプリを作成できるサービス「DOROKURI」
などが紹介されていました。

「Alex」は6インチのE INK製電子ペーパー画面(600×800ピクセル)
と、3.5インチのタッチパネル液晶ディスプレイ(320×480ピクセル)
を使い分けられるAndroid端末。電子書籍リーダー事業を展開する米
Spring Designが発表した物で日本ではハフトテクノロジーが夏に
発売を予定しています。デュアルディスプレイになっていて、PDFなど
の電子書籍データを電子ペーパー画面に表示しつつ、書籍に関連する
画像や動画をタッチディスプレイに表示したり、Twitterやインターネ
ットを楽しんだりと多彩な使い方ができるユニークな仕様になっています。
日本での販売形態の詳細はまだ分かりませんが、コンテンツ次第で
面白い存在になりそうですね。

ユーザー参加型のARサービス「ウキウキ VIEW」やプログラミング知識
不要で、ユーザーが用意した画像や動画などの素材を簡単にAndroidア
プリに加工してくれるサービス「DOROKURI(ドロクリ)」など利用者が
参加する形で楽しめるサービスもなかなか面白い存在になりそうで、こ
れからのAndroid関連商品の充実が期待されます。
[PR]
by info-crystal | 2010-06-13 05:46
ハマコーさんの過去を調べるとなかなか面白いですね。
元ヤクザと言うことで色々言われたりしますが、そんなことを隠しも
しないところは逆に立派かも。かなり無茶苦茶な事を言っていること
もありますが筋の通っていることもあり目を離せない存在ですね。



元衆議院議員でタレントの浜田幸一がツイッターを始めて大人気
でしたが、あっという間にツイッターをやめる宣言をしてしまい、
フォロワー達をがっかりさせています。

浜田幸一といえば、ハマコーのニックネームで現在もテレビの
タレントとして活躍しています。ハマコーがツイッターを
始めたのは今年の1月、しかしあっという間にフォロワーが
つき、現在は鳩山由紀夫、東国原英夫につぐ17万人のフォロワー
が付いてしまいました。

つぶやきの内容が非常に大胆、かつユーモアに富んでいる
ことが人気の秘密でした。とくに、アメリカのオバマ大統領に
「アメリカ国債はまだ持ってていいですか?」など、誰もが
聞きたいけど口に出せないような質問をバンバン有名人に
ぶつける勢いが多くのフォロワーを魅きつけていたようです。

おまけに『ハマコー だう! ツイッターの言葉力 』(講談社)
という本まで出してしまう勢いのよさ。今月9日に発売された
ばかりだが、ハマコーの今までの面白いつぶやきが掲載されて
いて興味深い内容です。

これだけツイッターで話題を振りまいたハマコーですが
やめてしまう理由は一体何なのでしょうか。

なにやら、ツイッターを超える新しい「何か」を作りだすと
息巻いているようで、ツイッターは今年の7月頃、きっぱりと
やめてしまうと宣言しています。さらに、その「何か」は、
すでに完成しているとも。「楽しむためのツールではなく、
目的を持った人が集まる場」ということらしいのですが、
一体どんなものを作り上げたんでしょうか?

議員に7回も当選して、1度も大臣に慣れなかったという
残念ないわれ方を未だにされているハマコー。元ヤクザで
国会議員になった根っからの破天荒議員ですが、議員を引退
してからも、まだまだハマコーの破天荒人生は続きそうです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000020-zdn_mkt-soci
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/10/news006.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4818634/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/401623/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-11 20:51
最近、札幌の居酒屋なんかでも、よく外国人が日本の味を楽しんで
いるのを見かけます。そう言えば箸を上手く使う外国人も増えてい
るようですね。


今アメリカで、日本の味が大人気を呼んでいるそうです。
今までも寿司や天ぷらなどの日本食が一定の人気を博して
いましたが、最近は調味料やお菓子など、日本人の味覚に合った
食品や調味料自体が人気になっているそうです。

日本テイストの口火を切ったのは、キューピーのマヨネーズです。
アメリカにいてもアマゾンのサイトで気軽に購入できるように
なってからは大変な勢いで人気が広がっているそうで、購入者の
評価欄も、満点の5つ星がほとんどです。

欧米のマヨネーズは全卵を使って作るので、さっぱりした
味わいが特徴です。日本のマヨネーズは卵黄のみ使用して濃厚な
味わい。酸味と塩気のバランスが絶妙で、大抵の食べ物につけて
おいしいですよね。さらに欧米のマヨネーズは瓶に詰めて
販売されることが多く、スプーンですくって使用する手間が
日本のマヨネーズでは省かれているのも人気が出た一因の
ようです。

さらに明治製菓の「キノコの山」も大人気といいます。
「チョコルーム」と名を変え、包装も赤と白を基調にした
大人びたパッケージで販売されています。日本でもキノコの山
は人気で、お菓子以外にも入浴剤などのモチーフとして人気に
なっていますが、まさかこれほどアメリカで、日本の味が
受け入れられるとは、明治製菓もキューピーも思っていなかった
のではないでしょうか。

ほかにも「S&B」の七味唐辛子や、「ブルドックソース」の
とんかつソースなど、日本の調味料は手に入れやすさも相まって
人気が出ているようです。日本人の味覚がアメリカだけでなく
世界中で受け入れてもらえれば、それは日本人としてとても
嬉しいことですね。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000508-san-soci
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/10/news022.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4724098/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/401581/
[PR]
by info-crystal | 2010-06-10 23:09